フェアリーアクアリウムブログトップへ

ポーが☆に

2008年05月14日

ごま白エンゼルの♀ポーが★になってしまいました。
ポーは3匹で購入したごま白エンゼルの唯一の♀で大変可愛い子でした。
ホワイトエンゼルのシロちゃんの奥さんで、卵を数回産み、孵化まで僕に見せてくれました。
先週末尾びれが腫れているのは確認しましたが、特に重要視しなかったのが誤りでした。
土曜に2/3灌水しヒコサンを投入、良くならないため、月曜に2/3灌水し、パラザンDを投入、しかし、火曜の深夜☆になってしまった。
本当にありがとうポー!天国で他のエンゼル達と仲良く過ごしてね!
(ポーという命名は僕が小学校の時に飼育していた白手乗り文鳥のポーからです)
ポーの旦那のシロちゃんもポーと同じ症状を発しており、やばそうです。悲しすぎて何言ってるのかわからない状況です。。。

★になったお魚たちコメント(0)


アルタムがまた★に

2007年11月22日

新装したばかりの60X45X45水槽のアルタムが2匹とも★になってしまいました。
アルタムは非常に感染しやすい魚なのだと思います。
オリノコ川の豊富なフミン酸の殺菌力がある水域に生息しているからなのだろう。
土曜の朝、体表に傷のようなものを発見し、それは良くあることなので、特に気にしもせず、しかし、フェアリーアクアリウムは土日は魚達の好物の赤虫を与えていますが、それを食べなかった。
月曜には隔離水槽に移動させ、グリーンFゴールドリキッドを投与する。しかし、快復することなく、本日2匹共★になってしまった次第です。
大変、気がかりなのは他のエンゼルへの影響ですが、今のところ変化はありません。
おそらくアルタム独自の疾病なのだと思います。
これまでも何匹ものアルタムを★にしていますが、何時もこんな感じです。症状が現れる→数日後に★に、but他のエンゼルへの影響は無し。
今は呆然で今後再度、アルタムにチャレンジするかは考えられません。しかし、この水槽でエンゼル5匹ではあまりに寂しすぎる気がします。
来週にでも、影響が無いことを確認後、とりあえずSサイズエンゼルを購入しようと考えています。

★になったお魚たちコメント(0)


主のいない水槽

2007年01月15日

鈍色の水、静寂の器、かつての賑やかさを失った空間。
しかし、時が止まった訳ではなく、これは現実なのだ。
エーハイムフィルターの音は変わらない。
CO2拡散器からの音も変わらない。
華やかな舞が無い。躍動感溢れる動きも無い。
しかし、コリドラスは泳いでいる。これは現実なのだ。
そこには、昨日までのアルタムがいないだけ。
2匹のアルタムがいないだけ。
鈍色の水、静寂の器、かつての賑やかさを失った空間。
しかし、俺はまさかこれが現実だとは思えなかった。
まさか、最愛のアルタムがいなくなるなんて。
エンゼルがエンゼルになっただなんて。
鈍色の水、静寂の器、かつての賑やかさを失った空間。
華やかな舞が無い。躍動感溢れる動きも無い。
主のいない水槽は寂しすぎる。
主のいない水槽は暗すぎる。
主のいない水槽は、、、夢を失いそうだ。

★になったお魚たちコメント(1)


チビちゃん★に

2006年11月12日

チビとゼル

65×45×45水槽のボスエンゼルのチビちゃんがとうとう★になってしまいました。チビは雌で2001年1月20日にLサイズの若魚にて購入しました。現在熱帯魚飼育開始からいるインペリアルゼブラプレコに次ぎ2番目に長寿のお魚でした。従い、物語も多いのです。チビは歴代のゼルくんの奥さんでした。写真は初代ゼルくんとの喧嘩の様子です。また実は、初代ゼルくんの最初の奥さん(初代のシマ)からゼルくんを奪い妻の地位を得たのです。写真のように雌であるのに気が強く、極端に臆病で、また人間とのつき合いを拒否(可愛げなところを見せない)するなど、頑固且つ個性的なお魚でした。
チビは今年になって生まれて初めて3代目ゼルくんとの間に卵を産み、本当の夫婦になったのです。しかし3代目ゼルくんは早死にしてしまいました。それ以来チビは憔悴し餌も食べなくなり、「ゼルに会いたい、ゼルに会いたい」とずうっと言い続けていました。これは事実です。本当に聞こえたのです。そして瀕死の状態になってからは「すぐにゼルに会えよ」と言っていました。そして今日は悲しい日になってしまいました。
僕は無論3代目ゼルの墓にチビを埋めました。彼女は僕にありがとうって言ってくれたのです。チビ本当にありがとう!ゼルと永遠に一緒に仲良くしてね!

★になったお魚たちコメント(0)


Oさんのエンゼル

2006年10月03日

★になったエンゼル

フェアリーアクアリウムのファンOさんの愛魚のエンゼルが★になってしまいました。10才の大往生だそうです。エンゼルフィッシュでは聞いた限りでは最高齢です。さぞかし、愛情を注いでおられたのでしょう。そして、Oさんは丁寧に埋葬されたそうです。天国で他のお魚たちと仲良くしてね!

★になったお魚たちコメント(1)


ゼル2くん★に

2006年06月01日

61×48×32水槽のエンゼルフィッシュたちの原因不明の病気はまだ続いていましたが、今年の2/17に仲間入りしたゼル2くんがシロちゃんに続いて昨夜★になってしまいました。病気は不明です。目立った特徴はなく、当初は変色、若干鱗が溶けたようになっていましたが、一度は完治し餌を食べる状態にまでなっていました。また、最後は若干目が飛び出したかなという程度ですが、結局はエロモナス菌にやられたのでしょうか?細菌性の治療薬(グリーンFゴールド)も投与していました。またも、悲しい日になってしまいました。昨夜の内に熱帯魚のお墓に埋葬しました。ゼル2くんありがとう!天国でシロちゃんやクロちゃんとまた仲良くするんだよ!

★になったお魚たちコメント(0)


シロちゃん★に

2006年05月22日

シロちゃん

61×48×32水槽のエンゼルフィッシュたちが原因不明の病気に罹っていましたが、この水槽のエンゼルのボス魚シロちゃんが★になってしまいました。彼は3年この水槽で大切に飼っていたお魚でした。左の腹鰭が短いのが特徴です。悲しい日になってしまいました。今年の1月に★になった彼の奥さんの初代クロちゃんのお墓に埋葬しました。シロちゃんありがとう!天国でクロちゃんとまた仲良くするんだよ!

★になったお魚たちコメント(0)


[an error occurred while processing this directive]